石尊山と養老渓谷

12月7日(土)~8日(日)

房総の紅葉を見に、石尊山(せきそんざん)と養老渓谷・粟又の滝を結ぶコースを
ゆっくり歩いてきました。

弘文洞
養老渓谷、弘文洞跡(約140年前、耕地開拓のため蕪來川を川廻ししてつくった随道跡だそうです。)





続きを読む

金峰山(大弛峠からピストン)

9月28日(土)快晴

山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村の境界にある金峰山標高2599 mに行ってきました。
昨年の今頃、台風接近のため、大弛峠まで来て引き返したリベンジです。
今回は天気は良く、富士山も南アルプスも八ケ岳もすっきり見え、
金峰山山頂から見る五丈岩は迫力がありました。

金峰山
金峰山山頂から南に五丈岩、後ろに南アルプス。気持ちいい眺めです。




続きを読む

蝶ケ岳から三股(3日目)

8月18日(日)

翌朝4:00起床。
タップリ寝たので外に星を見に出てみると、真っ暗い中、東の空が次第に薄青と薄オレンジ色の帯になり
だんだんその範囲が広くなって行きました。
夜明けをまって外に出て来た人も数名いて、静かで神秘的な感動を覚えました。
西側(穂高方面)はまだ真っ暗、眠っています。
暫くいるとやはり2600m越えの標高は寒く、一度部屋に戻りダウンを着て再び日の出を待ちました。


蝶ケ岳
5:12 槍から穂高にかけて山頂部だけ雲の帯が掛り、次第に白からオレンジ色に変わっていきました。




続きを読む

常念岳から蝶ケ岳(2日目)

8月17日(土)快晴

常念小屋から岩だらけの道を登り始める。
常念岳山頂には祠と展望指示盤があり360度の大展望が広がっていて、北アルプスの名峰を見ることができます。
眺望を堪能したら蝶ケ岳へ向かいます。
道は大きく下って、そして小さく登ると2512mピークに出て、ここから振り返ると常念岳がとても大きく見えました。
次に樹林帯に入り、2592mピークに出る。
ピークを下ると南側がお花畑になっていて、沢山の高山植物がみられました
再び樹林帯を下り、蝶槍への登りにとりかかる。槍・穂高連峰の展望がすばらしい場所。
蝶槍からは穏やかで広い稜線を南に向かい、横尾への分岐を過ぎゆるい登りを行くと、
展望指示盤の立つ瞑想ノ丘を通り、蝶ケ岳ヒュッテに着きます。
蝶ケ岳山頂はヒュッテの先にありました。


常念岳2
常念岳山頂から見る槍・穂高のパノラマ。





続きを読む

常念岳から蝶ケ岳縦走(1日目)

8月15日(木)夜出発~8月18日(日)

会のメンバー4人で、北アルプスの常念岳から蝶ケ岳を縦走して来ました。
お天気にも恵まれ、槍ヶ岳から穂高連峰まですっきり見られ、すばらしい景色が堪能できました



常念岳
常念乗越から見上げる常念岳(2857m)

続きを読む

FC2カウンター

プロフィール

のんびり

Author:のんびり
山登りが好きな仲間達と共に・・・
四季折々の山の景色を訪ねて、のんびりと歩くのが楽しみです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる