立山室堂~五色ケ原へ(1日目)

7月14日(金)夜行発~7月16日(日)

富山県の立山と長野県の大町を結ぶ立山黒部アルペンルートのメインターミナル
室堂から一の越経由で龍王岳中腹、鬼岳、獅子岳、とアップダウンを繰り返し、
ガレ場といくつもの雪渓を横断し、ザラザラと崩れるザラ峠を下り五色ケ原に行ってきました。
一面のお花畑は見れず、残雪の広がる五色ケ原でした。

室堂平2
箱庭のような室堂平。



14日(金)21:00 鹿島のいわきタクシーを出て、21:30勿来支所を出発
勿来ICから常磐道、磐越道、北陸道と進み立山ICで下り、立山駅で待機する。

立山駅
朝5:00頃 目が覚めたらみんな朝食を摂り準備を始めていました。
立山駅まで行ってみました。ケーブルカーの始発は7:00でした。

桂台料金所1
桂台料金所へ移動、一番乗り。

桂台料金所2
立山有料道路はマイカー乗り入れ禁止でゲートは6:00に開きます。

室堂1
7:00 室堂に到着し出発の準備。準備運動も忘れずに!

室堂2
7:37 一般の登山者よりも一足先に室堂を出発。

室堂3
ターミナルから雄山方面へ向かう。

室堂4
7月半ばなのにスタート時点から残雪の登山道。

室堂5
室堂山荘付近は、石畳と平坦な雪渓が続く。

室堂6
次第に見晴らしも良くなり、雪渓の中に顔を出した緑や岩等のコントラストが美しい(*^^*)

室堂7
いくつもの小雪渓を歩き、山荘が見える一の越まではもう少しです。

一の越1
9:00 標高2700mの一の越に着く。南は龍王岳方面。

一の越2
北は雄山。

一の越3
東は針木岳方面。

一の越4
ここまででも十分素敵な景色が楽しめました

一の越5
五色ヶ原へ向かいます。大日三山方面には山頂部に雲が掛かり、

室堂平1
ズームして見ると雷鳥平のテン場や雷鳥荘、地獄谷の噴煙なども見れ、室堂乗越の上には日本海、

みくりが池
そして半分解けたみくりが池と周辺の山荘など、ずっと眺めていても飽きない景色が見られました

イワツメクサ
そして今日最初のお花は小さくて真っ白なイワツメクサ。

雄山
振り返ると高く聳える雄山。

ミヤマキンバイ
続いてミヤマダイコンソウかと思いましたが、3つの小葉のミヤマキンバイでした。

タカネツメクサ
そしてタカネツメクサ。

ミヤマキンバイと剣
ミヤマキンバイと立山連峰。真ん中の尖んがりは剱岳です。

ハクサンイチゲ
可愛らしいハクサンイチゲも沢山咲いていました

立山三山
3000㍍の立山連峰の山並み

立山研究所
10:08 富山大学立山研究所の分岐。左の五色ケ原方面へ進むと、

浄土山
また雄大で凄い景色が見えてきました

五色ケ原1
谷を挟んだ先に五色ヶ原が見えました。

五色ケ原山荘
赤い屋根の五色ケ原山荘も直ぐそこに見えたのですが遠かった

雷鳥1
下山始め、雷鳥の雄に逢いました。

雷鳥2
赤いシャドーと後ろ姿もチャーミング

龍王岳1
岩やガレ場の多い龍王岳を慎重に下りて行きます。

黒部湖1
ガスの切れ間からコバルトブルーの黒部湖が見えました

龍王岳2
更に急坂を下ります。(雲の下は立山カルデラ内の刈込池方面)

アカモノ
登山道のお花に元気づけられる花はアカモノに似てますがツガザクラでした。

鬼岳雪渓1
鬼岳東面の雪渓が近づいてきました。

クロユリ
クロユリ発見

岩弁慶
イワベンケイとクロユリ。

紅花いちご
ベニバナイチゴの木は沢山ありました。実が成れば食べきれないほどの量でした

龍王岳3
龍王岳を振り返ると岩山です。左上の方から下りてきました。

鬼岳雪渓①
鬼岳の雪渓①を渡る前に、

龍王岳4
11:00 ここでお昼にしました そして11:30 再スタート。

鬼岳東面雪渓1
鬼岳東面に登るとガスで先が見えない雪渓②が!冬に戻ったような感じでした。

鬼岳東面雪渓2
軽アイゼンを付けて慎重にゆっくりと!

鬼岳東面雪渓3
雪渓はかなり下まで続いていました。

鬼岳東面雪渓4
端まで来ましたが振り返ると大雪渓でした。これでも数日前の台風で3㍍は削られたそうです。

岩場下り
油断は禁物。岩場を下りるとまた雪渓。

鬼岳雪渓5
雪渓③を渡り軽アイゼンを外す。木道の上はホッとします。

ハクサンイチゲ
またところどころにハクサンイチゲが。

獅子岳
次は獅子岳山頂に向かいます。

コバイケイソウ
今年はハズレ年で花が少ないコバイケイソウを見て、

イワカガミ
明るいピンクのイワカガミに元気を貰い、

獅子岳山頂手前
13:10 山頂手前の岩場で休憩。

雄山
ガスの切れ間から出てきた雄山

獅子岳山頂
そして直ぐに獅子岳山頂(2720m)。

獅子岳1
眼下には黒部湖。

獅子岳2
また雪渓が現れたので繰り返し軽アイゼンを付ける。

獅子岳雪渓
獅子岳の何箇所かの雪渓を渡ると、

お花畑
ハクサンイチゲのお花畑

タカネスミレ
その周りにはタカネスミレと

ハクサンチドリ
ハクサンチドリも咲いてました。

獅子岳下り
雪渓も終わり、今度は滑り落ちそうな急斜面を下りる。

ミヤマクワガタ
ミヤマクワガタと、

トウヤクリンドウ
トウヤクリンドウに出逢えました

獅子岳下り
ガレ場の急斜面です。

獅子岳梯子
梯子もあります。下を見ると怖いくらいです

ミヤマキンバイ
明るい黄色が目立つミヤマキンバイに励まされ、

ザラ峠1
ガスの中、ザラ峠が見えてきました。

ザラ峠2
15:00 ガスが湧いてきて風が強いザラ峠。

木道
次にザラ峠から登ると木道が現われ五色ヶ原に着く。

ハクサンイチゲ
木道脇にはお花畑が!ハクサンイチゲと

ミネザクラ
ミネザクラ

テント場分岐
左はキャンプ場への道。

木道花畑
階段を登っていく。

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲと

シナノキンバイ
シナノキンバイ

獅子岳
後ろを振り返るとガスで見えなかった獅子岳が薄らと見えてきた。あまりの急斜面に驚く。

ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラも咲いてました

五色ケ原
木道沿いに進むとまた広い雪渓が現れました。

五色ケ原山荘
そして16:00 五色ケ原山荘に無事に着くことができました。長い道のりお疲れ様でした。

五色ケ原山荘は広いお風呂があり、男女交代で入ることができました。
山でお風呂に入れるなんて、疲れが取れありがたかったです
翌日の行動は、先日の台風の影響で橋が流された事でピストンを考えていましたが、
他の登山者からの情報で修復されていると聞き、
当初予定していた刈安峠方面へ下りるよう話し合いで決めました。
黒部湖方面は長い道のりになりますが、
今日歩いてきた雪渓の道と急斜面の登りを思うと、
戻る気にはなれませんでした。
疲れもあり19:30には寝てしまいました



翌日につづく







コメント

ワクワクしながら拝見しました

 眺めのいい所ですね〜〜
花も多くて‥‥‥‥ツガザクラ 好みです! ! !
何枚もお写真を保存させていただきたいと感じましたヨ。
登っている人は、真剣だったでしょうね。
急勾配で、足元も悪く。
のんびりさん達の頑張りに敬意を表します (^○^)
一緒に参加した気分で、次回を楽しみにしております。

Re: ワクワクしながら拝見しました

コバさん、こんにちは!
五色ケ原は平らなイメージがあり甘く見てました。
やはりアルプスは侮れないですね。
行くまでにアップダウンがあり、今年は特に雪が多く急斜面の雪渓歩きが続き、
最後まで気が抜けないロングコースでした。
大変でしたが、残雪の山並みや沢山の高山植物も見られたのと、
自分の足でしか行けない場所へ行き無事に下山出来たことと、
また室堂や黒部ダムなど観光地を通るルートで、
両方楽しめたので良かったです(*^^*)
いつもコメントありがとうございます(=^0^=)
Secret

FC2カウンター

プロフィール

のんびり

Author:のんびり
山登りが好きな仲間達と共に・・・
四季折々の山の景色を訪ねて、のんびりと歩くのが楽しみです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる